後悔させません!あなたの家づくり

自分のこだわりを決める

自分の家を建てるときはまずこだわりを決めて、それをできる限り実現するようにしましょう。どんなこだわりでも構わないのです。例えば、陽射しがふんだんに入るリビングのある家とか、家族が気軽に集まることができるキッチンのある家など、一番こだわりたいことを考えてみます。それを家を建てる業者にきちんと伝えます。伝えておけば、完成した時に後悔を感じることがありません。
建売ではないので、自分の希望を最大限に生かせます。自分で費用を払うので、遠慮をする必要もありません。こだわりを決められない場合は、漠然とした言葉でも構いません。例えば、明るい感じの家といった表現でも良いのです。家を建てる業者はそれを聞いて、具体的なプランを示してくれます。

モデルハウスの見学をする

注文住宅を建てるときは、必ずモデルハウスの見学をしましょう。住宅メーカーも工務店もモデルハウスを持っています。複数の業者のモデルハウスが展示された場所もあります。そんなところに足を運んで、自分の立てたい家のイメージを作っていきます。
モデルハウスには、各社の担当者が常駐しています。そんな人たちに質問をすることも可能です。疑問点があったら、積極的に質問しましょう。費用や材料など知りたいことを教えてくれます。また担当者の態度にも注意しておきましょう。自分の分からないことを丁寧に教えてくれる担当者が好ましいです。モデルハウスに入ったら、腰を下ろしてみましょう。腰を下ろせば、実際にその家で生活する時に感覚がつかめるようになります。

SE工法とは、柱と梁で建築物を支える従来の工法ではなく、接合部分を金物にすることによって、骨組み全体で建築物を支えることができるようになる、より耐震性の高い工法です。