一から始めよう思いのままのマイホーム!

快適な住まいの空間づくり

多くの方が住まいを建てる際に日当たりに注目することでしょう。日の差し込み加減で住まいを心地よいものにするかそうでないかが左右されます。全く光の入らない暗くてじめじめした住居では、気持ちも沈み健康にもいいとはいえません。太陽光を多く取り入れることのできる南側に開口部を設計する選択の他に、あえて南側をオープンにしない間取りにする選択もあります。昨今都心部では住宅同士がひしめき合う中、南に建物があることでかえって暗くなってしまう場合もあるからです。中庭をつくりテラスに大きな窓や開口部を作ることで光を取り入れることができるのです。
太陽光を取り入れ快適な空間にするには、住居を立てる環境や生活スタイルにあった設計にすることが重要であるといえます。

生活スタイルにあった家づくり

住む人の年齢や人数、生活スタイルによって求める要素は様々であるといえます。キッチン一つにとっても家族構成が違えば求める要素が随分と違ってきます。小さい子供のいる家族では、料理しながら子供の姿を見ることのできるカウンターキッチンが理想となるでしょう。専業主婦でお料理好きの家では、キッチンの広さや機能性を重視されます。高齢のご夫婦であればコンパクトな水回りを希望されるかもしれません。また、キッチンは使う人の身長によってもかなり使い勝手が変わってきます。身長の低い方であれば高い戸棚は届きません。逆に身長の高い方が低いキッチン台で毎日調理するのは腰に負担をかけることでしょう。
家族の楽しい食卓を演出するためには、自分に合った使いやすいキッチンである必要性があります。

建物だけでなく周囲の環境にも配慮しているのが環境建築デザインの特徴です。都市建築に並ぶデザインとして近年注目を集めています。